処理費用を削減できるガレキ選別機器|格安で借りられる産廃選別機器

細かく選別ができる

工事現場

産廃選別を行なう機器として、挙げられるのが手選別コンベアー機器です。工事現場で排出された瓦礫は、スクリーンやトロンメルによって選別を行なうことができます。しかし、コスト削減のために産廃選別を行なう場合、機器のみを使って選別を行なうのでは不十分な場合があります。スクリーンは短時間で大量の瓦礫を選別することができますが、非常に細かい廃棄物となると振動や遠心力だけで完璧に選り分けることはできないでしょう。徹底して産廃選別を行なう場合、スクリーンによって選別された産廃を手選別コンベアーに乗せ、作業員が目視で選別を行なう必要があります。解体工事を行なう会社の中には、廃棄物処理工場で処理をするのではなく、瓦礫を砕いて砂利として売却する会社もあるでしょう。売り物として扱う瓦礫であれば、少しでも余計な廃棄物が含まれると問題となります。仕上げとして手選別コンベアーで産廃選別することで、わずかな廃棄物も残らず除去できるでしょう。

スクリーンなどの機器ですら選別ができなかった小さい廃棄物となると、作業員が選別を行なうのは難しいものとなります。産廃選別に時間を掛けると作業員にも負担が掛かり、コストの問題も発生するでしょう。こうした問題を解消するため、オススメできるのが磁選機能のついた手選別コンベアーです。磁力によって細かい鉄粉や破片を取り除くことができるので、廃棄物選別に掛かる負担やコストを削減することができます。廃棄物の中でも金属類は作業員の怪我を誘発させるものですが、磁選機能がついたコンベアーならば、鋭利な金属片を全て取り除けるので、作業員も安全に選別を行なえます。