処理費用を削減できるガレキ選別機器|格安で借りられる産廃選別機器

コストの削減ができる

エコ

廃油を処理する場合、廃棄物処理を行なう専門の会社に依頼することで環境に負荷を与えず処分ができます。しかし、廃油が出されるごとに回収を依頼したのではコストの負担が問題となります。廃油を分解し無害化ができる機器や処理剤を使うことで、コストの削減ができるでしょう。

もっと見る

細かく選別ができる

工事現場

スクリーンやトロンメルを使って産廃選別を行なったとしても、完全に全ての廃棄物を選別できるわけではありません。より正確に選別を行なうには、作業員が直接目視して取り除く必要があります。手選別コンベアーを用いることで、より精密な選別ができるでしょう。

もっと見る

代行して廃棄物を回収する

作業員

廃棄物処理を行なう会社では、廃棄物の回収サービスを行なっています。ヘドロが溜まりやすい浄化槽の排水の回収や、有資格者でなければ回収ができないアスベストなど、廃棄物処理を行なう作業員が安全かつ迅速に回収してくれます。

もっと見る

簡単に選別できる機器

解体工事

解体業務を行なう会社は、需要が増えたことで多く設立しています。建物の建設を行なう会社はさまざまな手続きを行なわなければ設立できませんが、解体業務のみを行なう会社ならば、比較的簡単に会社設立ができます。最近では高度成長期に乱立して建てられた建物が老朽化しているため、解体業務を依頼されることは多くあり、解体のみを営む会社の数は増えているのです。建物の解体を行なった場合、排出されたガレキは廃棄物処理を行なう会社に処分を依頼しなければなりません。しかし、解体したばかりのガレキにはさまざまな建材が混合された状態であるため、そのまま廃棄物処理を依頼すると、高い処理費用を要求される場合があります。ガレキ選別を行なう機器を導入することで、廃棄物の素材ごとに選り分けられるので、処理費用を大きく削減できます。

ガレキ選別を行なう機器といえば、トロンメルとスクリーンの二つの機器が挙げられます。トロンメルは、大型のガレキを選別するのに使用ができます。ドラム状の構造の網目から細かいガレキのみを排出し、スクリーンに入れられない大型のガレキのみを残すことができます。トロンメルによって排出された細かいガレキは、スクリーンを使用することで選別できます。振動や遠心力を利用し、素材の重量ごとに分けることができるのです。目視で一つ一つガレキ選別をするのでは時間と手間が掛かりますが、トロンメルとスクリーンを用いることで、短時間で大量のガレキを選別することができるでしょう。